耐震補強工事

家中心の一部屋を耐震補強し、隣接する部屋との緊結で建物全体を強固します。
よって地震等の震災から、建物の倒壊を防ぎます。建物や耐力壁の少ない開口部の多い建物は特に危険です。

減震くん

減震くん 減震くんとは?
「減震くん」はオイルダンパの構造原理を踏襲しています。地震で家屋が左右動しようとするエネルギーを減衰力により吸収して家屋の揺れを抑え、地震による被害を最小限にすることができます。
3次元加振振動実験結果 3次元加振振動実験結果
4畳半程度の在来木造軸組み工法により建てられた1階建物に、阪神淡路大震災の 揺れを再現した振動実験を行いました。その結果最大約70%の減震効果が確認できました。

減震くんの効果

制震ダンパ未装着時 制震ダンパ装着時状況
制震ダンパ未装着時
損害状況
地震の揺れにより最大層間変位が増幅したため、柱と土台の結合部が割裂した。
  制震ダンパ装着時状況
地震の揺れ「減震くん」が吸収したため最大層間変位が抑えられた。その結果、割烈等の損傷は受けなかった。

減震くんの特徴

「減震くん」の特徴
・低価格-約30坪の住宅で約50万円(工事費別途)低価格を実現。
・高い減震効果-大震災クラスの揺れを1/2に低減します。
・壁体内に取り込むだけの簡単な施工なので、新築にはもちろん、
 耐震改修にも最適です。

耐震と制振を兼ね備えた制振装置

住む人の安全を考え、水平力が構造全体に働く前に吸収装置により吸収減衰処理をして建物そのものを揺れなくして、安全な居住空間を作ります。 耐震と制振を兼ね備えた制振装置01
耐震と制振を兼ね備えた制振装置02 ガルコンは、建物の内部に目を向け、水平力が建物にはたらく前に振動エネルギーを吸収。建物の内部にいる人の体感レベルを実際の約2分の1に減少し、安全な居住空間を提供します。

家具の地震対策

ねじを使わない地震対策
家具と外壁を特殊な強粘着ウレタンを使用したストッパーを使用し、家具と外壁をしっかし密着させます。
○ねじを使わずに傷つけることなく作業は
  ただ張るだけ
○取り付け、取り外しが簡単
○水で洗って何度も繰り返し使用可能
○貼り付ける場所を選びません。
家具の地震対策

GVA工法

GVA工法は住宅のショックアブソーバです。
従来の耐震工法は建物を剛くして、力ずくで地震に耐えようとするのに対して、GVA工法はゴムと粘土両方の性質をもつ振動吸収材、住友スリーエム製VEMを筋交い端部と梁・土台の接合部に金物を介して取り付け、建物に入る地震エネルギーを吸収します。
GVA工法01
GVA工法02