免震住宅

「免震」とは、読んで字のごとく、「地震から免れる」技術のことを言います。「耐震」が地震の力に建物の力で対抗するのに対し、「免震」は地震による激しい揺れを受け流すことが特徴です。

その仕組みは、免震装置が地震の力を吸収して、激しい振動を小さくゆっくりとしたものに換えるというもの。
そして、この「免震」がなによりも有意義なのは、家具などの転倒・落下や窓の破損による二次災害を防いで、家族の命や財産を守れるということです。
免震住宅

免震構造

免震構造01 従来の耐震工事は地震の横揺れ(水平力)に対し
壊れないだけの強さ(剛性)を持たせる耐震構造である。これに対して免震構造は、地震の水平力を
ゴムやベアリングでできた可動部分(免震装置)で
吸収し、建物自体に伝わらせない考え方である。
免震構造02 免震構造03
上記のように住宅の土台と基礎の間にベアリングやゴムを入れることにより、地震による揺れを吸収し、建物に直に振動が伝わらない仕組みになっております。

キソゴム

木造住宅の土台と基礎の間に設置する積層ゴム使用の『キソゴム』は建物に伝わる触れを軽減し、大切な家族や住宅を守ります。
キソゴムはその振動や衝撃を吸収して、新築時の剛性を維持させ、建物の長期的な耐震性能をサポートします。
キソゴム
キソゴムを使用することで湿ったコンクリート基礎から土台を絶縁するため、多湿な環境にある日本の木造住宅の足元をまもり、基礎の腐れなどの防止になります。
キソゴム工法  
キソゴム工法01 キソゴム工法02
従来の工法  
従来の工法01 従来の工法02